【最新ニュース&トピックス】ジェイエイ北九州くみあい飼料株式会社の最新ニュースやトピックスをお届けいたします

TOP » 最新ニュース&トピックス » 2016年 »  年頭のご挨拶

年頭のご挨拶

Date: 2016年01月01日

「ファーストコールカンパニー」を目指して

平成28年の年頭にあたり謹んで新春のご挨拶を申し上げます。

旧年中は格別のご愛顧を賜りまして厚く御礼申し上げます。

本年も生産者の皆様方に満足していただける「安全安心で高品質な飼料」の生産販売に努めてまいります。

さて、このたび、ジェイエイ北九州くみあい飼料株式会社代表取締役社長を仰せつかりました、谷 清司 でございます。どうぞよろしくお願い申しあげます。

昨年を振り返ると、農協改革法案の成立、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の大筋合意、食料品に対する軽減税率の自公合意 大手飼料会社の大型合併など飼料畜産業界を取り巻く環境が大きく変化した年でした。

今年の日本経済は1月から運用が始まるマイナンバー制度、アベノミクス「新3本の矢」による「1億総活躍社会」の実現に向けた戦略、そして17年度の消費税再増税、訪日外国人旅行者の増加によるインバウンド需要拡大など多くの課題を抱えています。

畜産を取り巻く情勢はここ数年で大きく変動しています。国内の畜産生産者および国内での飼養頭羽数は毎年減少を続けており歯止めがかからない状況にあります。この背景には世界的穀物需要の増大と円安による飼料価格の高騰や口蹄疫や鶏インフルエンザ、豚流行性下痢症(PED)などの疾病発生などが一因と推測されます。

畜産物相場は景気の回復と国内生産量の減少により昨年以来、牛肉、豚肉、鶏肉、鶏卵、どの畜種も高値圏の相場を維持して来ています。

平成28年の戦略は基本に立ち戻ることと思います。2020年東京オリンピックに向け日本経済が成長していくマーケットに付加価値のある畜産物を提供して行くことが重要となります。目の前の顧客は畜産生産者の皆様ですが、真の顧客はその先の畜産物の購入者である日本の消費者です。

弊社の「理念」は生産者と消費者に「奉仕」する心です。そして「使命」は安全安心の提供です。

安全安心の提供を実現するための「課題マーケット」を探求し、その課題解決への取り組みが基本戦略になります。弊社は一昨年来、新たな提供価値として『クミアイミクス』の「三本の矢戦略」に取り組んでおります。

  • ○第1の矢⇒飼料要求率の改善
    肉1キロ卵1キロを生産する飼料の量を今より如何に減らすか、年間の飼料費用の削減につながります。
  • ○第2の矢⇒農場生産性の向上
    1年間で農場から生産される肉や卵の量を如何に増やすか。その為には日々の増体重を増やし農場事故頭羽数を如何に減らすか、売上高の増収につながります。
  • ○第3の矢⇒畜産生産物の味の付加価値向上
    輸入畜産物とは違う、如何に美味しい肉や卵を消費者に届けるか、マーケットでのシェアアップにつながります。

昨年はこの戦略商品として次の新商品を発売しました。肉牛用の『新和牛繁殖用』『新和牛子牛育成用』『モネンシン入り和牛肥育用』、養豚用の種豚用『子だくさんシリーズ』、ブロイラー用『NEX餌付け』、『ペレット&マッシュ後期・仕上げ用』などです。ご利用いただき3本の矢の成果が出てきている報告をいただいております。

日本の国内畜産業を守り育て、安全安心な畜産物を消費者にお届けする。そのための高品質で高生産性の飼料の製造販売を通じて、地域の生産者の皆様から一番に選ばれる『ファーストコールカンパニー』を目指し全社員一丸となって邁進する所存でございます。

本年もどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます。


ジェイエイ北九州くみあい飼料株式会社 代表取締役社長 谷 清司



■本社:
〒810-0071 福岡県福岡市中央区那の津5-3-1 TEL:092-738-0100 FAX:092-738-0115