【飼料・畜産情報】ニーズにあった安全で高品質の飼料を製造するため、一丸となって努力しています

TOP » 飼料・畜産情報 » 単味飼料について » ヘイキューブ

単味飼料について

ヘイキューブ

1.原料

アルファルファヘイを刈り取った後天日乾燥し、キューブ状に圧縮成型したものです。

2.生産地

アメリカ北部(ワシントン州、オレゴン州)、アメリカ南部(カリ フォルニア州、ネバダ州、ユタ州)、カナダ(アルバータ州、サ スカチュワン州)が中心です。

3.製造方法

圃場で刈り取ったアルファルファヘイを、一旦大きなベール にして保管した後、工場でキューブを製造する方式が大半で す。
キューブの成型はキュービングマシン(キューバー)といわ れる固形化機械で行われます。その後乾燥され、保管、コン テナ等への積み込みされます。

4.日本の輸入量

約34万トン(2006年)です。

5.荷姿

流通形態は、海上コンテナによるバラ積みが一般的ですが、 産地で袋やトランスバッグに詰めた状態での輸入も可能です。


6.成分(日本標準飼料成分表2001年度版、単位%)

水分CPNDFADF
11.0 15.6 39.0 30.7

7.品質

(1)色と硬さ

キューブ中の葉と茎の比率により、色と硬さが異なります。 葉の割合が多いものは、濃い緑色で硬く、茎の割合が多い ものは、淡い緑色でくずれやすい傾向があります。

(2)産地による違い

一般的にアメリカ南部は鮮やかな緑色、アメリカ北部やカ ナダ産は濃い緑色です。

(3)乳牛での利用

取扱いが容易なため、蛋白源として育成・搾乳牛に利用さ れます。ただし粗飼料としての物理的な効果は低いです。

(4)肉牛での利用

粗蛋白質、βカロテン、カルシウムの含量が高く、育成期 から肥育前期に給与されます。ただし粗飼料としての物理的 な効果は低いです。

8.ミニキューブについて

大きさが22mm×22mmと、従来のヘイキューブ(40mm×40mm)に比べて小さいキューブです。 かつてはカナダ産が主流でしたが、現在は米国産が中心です。




■本社:
〒810-0071 福岡県福岡市中央区那の津5-3-1 TEL:092-738-0100 FAX:092-738-0115