【飼料・畜産情報】ニーズにあった安全で高品質の飼料を製造するため、一丸となって努力しています

親子で学ぶちくさん(家畜の生産過程)

鶏の一生

鶏はどれくらい生きるのかな?
ひよこから鶏になるまでを見てみよう(卵用種の例)

卵や鶏肉をつくるための鶏たちは、卵を産む鶏「卵用種(レイヤー)」、肉を食べるための鶏「肉用種」、卵もたくさん産むし、肉づきもよい「卵肉兼用種」に大きく分けられています。

そしてそれぞれの目的によって飼う期間を決めています。これを経済寿命といい、鶏の本来の寿命にくらべるとかなり短くなります。

卵用種は、ふ化してから5ヵ月後くらいから卵を産み始めますので、その後1年から1年半ほど卵をとります。 だんだん卵を産まなくなるので、だいたい2年ほどで加工肉として出荷します。

鶏肉を食べるための鶏には、「ブロイラー」と「地鶏」がいます。ブロイラーは早く大き くなるので約2ヵ月後に出荷、地鶏は歯ごたえやうま味を出すためにおよそ4~5ヵ月後 に出荷します。

豚の一生1
豚の一生2
豚の一生3
豚の一生4
豚の一生5
豚の一生6

孵化(0日目):産まれたての体重35g

どんどん大き温度38℃、湿度60~70%のふ卵器の中で卵を温め始めてから、21日目にひよこが生まれます。
お腹に卵黄の栄養が残っているので、二日ほどはなにも食べなくても生きられます。

ひよこ(初生ヒナ 0~7日目):7日目の体重60g

ふ化してすぐに歩き、自分で餌を食べることができます。ふ化後、24時間を過ぎるころから羽毛は若羽に生え替わり始めます。

食べる飼料:餌付飼料
ひよこから小びなの時期は、成長期にあたるため、比較的タンパク質が多めの餌になります。

小ひな(8~28日目):28日目の体重240g

鶏の成長はとても早く、生まれてから20週齢(140日)くらいまでは、週に70~80gも体重が増えます。4週間で約10倍の重さになる計算です。

食べる飼料:前期飼料
成長期なので、ひよこと同じようにタンパク質が多めの餌になります。

中ひな(29~70日目):70日目の体重780g
大ひな(71~125日目):125日目の体重1320g

約2ヵ月半くらいまでを中びな、その後約4ヵ月くらいまでを大びなと呼びます。中びなの35日目ころから若羽から成羽に生え替わり始めます。全身が成羽になるのは、成鶏の150日目ころです。姿は立派になっていますが、まだ「ピヨピヨ」と鳴きます。

食べる飼料:中期飼料・後期飼料
成長にあわせて、餌を変えていきます。

成鶏(126日目~):280日目の体重1720g

オス(左)/卵用種のひよこのお父さんは原種鶏場(ひよこの父母を育てる場所)にいます。
メス(右)/4ヵ月もすると立派に卵を産める体に成長します。そして、種類にもよりますが、年に約290個もの卵を産みます。

食べる飼料:成鶏飼料
若めすとなり、卵を産み始めると餌のタンパク質の割合を下げます。卵を産み始めた後は様子を見ながら、タンパク質の量を調整します。

(注)体重は、ハイライン・ローラの例です。
ちくさんクラブ21 NO.25より出典



■本社:
〒810-0071 福岡県福岡市中央区那の津5-3-1 TEL:092-738-0100 FAX:092-738-0115